xxxmaruzimuxxxのブログ

自由になる為のこれから

仕事、ゲーム、美容など雑記ブログです。ただ今ブログデザイン奮闘中

【雑記】思いがくすぶる。打破も維持もできない自分

考え込むのがクセです。

まるじむです。

 

考え込むというか、

考えすぎというか、

上手にあらわす日本語が分かりません!笑

 

自分が向いている仕事って何かなぁ?

 

っと以前お話ししました。

 

悩んでいるからなのか、

アニメ見ていると、

この子は将来何になりたいのかなぁ?

 

って思っちゃいます。笑

 

CCさくら見てると、

中国に留学とかして占いとかやってくのかなぁ?とか、

体育の先生になるのかなぁ?って思ったり、

 

コナンを見ると、

新一は何になりたいんかなぁ?

探偵業?警察?はたまた小説家?

蘭はお母さんと同じ弁護士かな?

 

とか考えながら見ちゃいます。

 

本当に気になる。

 

ドラマ見てると、

何だかんだみんな楽しそうに

仕事していて羨ましいです。

 

私は会社の中にいて、

ふと窓を見たときに外が快晴だったりしたら、

飛び出したくなっちゃいます。笑

 

鉄の檻に入れられてる気分です。

 

ドア一個一個に暗証番号があって、

開けるたびに

 

なんでロックを解除してまで

自ら檻の中に入らなきゃいけないんだろう。

 

って思います。

 

今の時代に、

自由な働き方ってなんなんでしょうね?

 

自由な働き方で調べると、

だいたいフリーランスがでてきます。

 

私はフリーランスになりたいと思っています。

 

なんの職業で?

って感じですが。

 

そこはとりあえず置いといて、

 

調べていて思ったのが、

フリーランスって、

ノンフリーランスじゃないか?

ということです。

 

会社に所属していたときよりも、

制限が厳しい気がします。

 

仕事をやっていかないと

生活できなくなりますしね。

 

時間や空間的にフリーにはなりますが、

社会的にはフリーじゃないですね。

 

会社勤めだと、

時間や空間的にはノンフリーですが、

社会的にはフリーですね。

 

どっちを取るかということですか。

 

できれば

会社勤めでいて時間にも空間にも縛られないっていうのが1番の理想です。

 

そんな都合のいいようにいきませんけどね。

 

こういうこと話してると、

会社勤めがいいって話が出てくるんですよね。

 

そんなの仕方がないことでしょ。

みんなそうだよ。

 

とかね。

 

世間的には単なるわがままで、

取り合ってももらえなくって。

 

すごく自分の考えは、

良くも悪くも今っぽいっていうやつです。

 

理解してくれる人がいないんで、

考えすぎて思い悩んで、

爆発しちゃって、

ますます今の仕事が嫌になる。

 

不特定多数がいるこのネット上で、

ブログ上で、

少しでも同士が見つかれば嬉しいです。

 

良ければコメントお願いします。

 

私も同じように悩んでいます。笑

 

 

そんな今日は思いを訴えてみた記事でした。

 

【2018年】映画名探偵コナン 独断と偏見による4位から10位 おすすめランキング

まるじむです。

 

以前名探偵コナンの映画の

独断と偏見によるランキングを

記事にしました。

 

今日はその続き4位〜10位を記事にします。

 

4位世紀末の魔術師

 

怪盗キッドが出てきます。

キッドが出てくる映画で

1番好きなお話です。

 

西の名探偵も出てくるので、

何気に豪華なキャストです。

 

とにかく

BGM聞いて。

 

最近聞かなくなったBGMが本当に多いです。

 

一つ一つのBGMがとても豪華で、

聞き応えがありますよ。

 

お話も綺麗です。

 

暗号の意味とか、

お城の仕掛けとか。

 

あとは

蘭がついにコナン君の正体に…?

 

最後まで目が離せない作品です。

 

5位14番目の標的

 

ほー、そうきましたか!

っていうお話。

 

被害者に共通するものとか、

上手に集めてきたなぁって思います。

 

白鳥刑事とか、

このために作られた名前でしょ?

っていう感じはしますが。笑

 

個人的にこの映画、

結構重要な映画かなと思います。

 

蘭の両親が別居した理由が分かったり、

のちのお話でこの映画が元ネタになっている

セリフを小五郎が言ったりします。

 

あとは、Aの予感です。笑

 

ちなみに最後の方に

みんなが何言ってるか

分からない場面がありますが、

安心してください。

 

この映画の単行本なら分かります。

 

気になる方はそちらも是非。

 

6位瞳の中の暗殺者

need not to know

無駄にこの言葉言いまくりました。笑

 

本当に主人公とヒロイン

っていう感じのお話しです。

 

守る!守る!守る!

 

です。

 

そういうお話が好きな人には

たまらんのではないでしょうか。

 

この映画、

新一と蘭がトロピカルランドに行ってるんですが、

その後に新一は時系列的には小さくなっています。

 

警視庁も絡んでいて、

珍しく警察も信用できない状態です。

 

これ見た後だと、

コナンのアニメで記憶喪失とか出てくると、

君もなったことあるよねー

ってツッコミたくなります。笑

 

7位時計仕掛けの摩天楼

王道!この順位ですが!笑

映画原点です!

 

なかなかにロマンチックなお話です。

 

爆発ばかりですが。

 

コナン君が活躍する映画です。

独壇場。

さすが第1作。

 

8位水平線上の陰謀

意外と好き。

忘れられやすいかな?と気もしますけれども。

 

珍しく小五郎さんが寝ないで活躍します。

 

ここ重要です。

 

今回の主人公と言っても過言じゃない。

 

メインテーマもカッコいいので、

聞いてみてください。

 

9位漆黒の追跡者

これ。私的に詐欺映画。

予告見て、すごい楽しみで行ったら、

ホントないわーってなった。

最初からクライマックス感すごかったから、

もしかしたらと思ったらその通り。

ホントない。

 

ではなんでこの順位かと言いますと、

 

私、

コナンがいびられるのが大好きなんです!

 

もうすっごいいびられて、

見てて興奮します。笑

 

ただ、こういう映画の残念なところって、

 

映画で出てくる黒の組織の新キャラは、

映画内で退散する

 

というところです。

 

純黒の悪夢もそうでしたよね。

 

正直、

事件も対して盛り上がりをみせませんが、

私と同じくコナンがいびられるのが好きな人は是非。

 

10位異次元の狙撃手

割と最近の映画の中では良かったかな。

メインストーリーに関係する映画です。

 

ずっと謎に包まれていたあの人物の正体が

分かる映画です。

 

最後の声が変わる瞬間、

うおおおおお!

ってなります。

 

それだけでこの順位まできました。

 

お話の内容は…

その人物のために用意されたって感じです。

 

 

 

以上4位から10位でした。

 

また今度残りを発表します。

同期は大切に。研修の時間を味わって。

まるっとじむ。

まるじむです。

 

何の話をしましょうか。

 

昨日は学生時代の話をしていたので、

新社会人の話をしましょうか。

 

この前放送開始になったmissデビルを見て、

 

うっ

 

となりました。

 

あの頃に戻りたいなぁ

 

って思ったからです。笑

 

私は研修楽しかったです。

 

初めは同期で同性1人もいないし、

仲間はずれ感すごいし、

ホントつまんねぇー!!!

 

って思ってて、

なんなら早く同期とおさらばしたかったです。笑

 

2ヶ月の研修があったんですが、

初めの一週間が本当に苦痛でした。

 

研修ってよその企業さんは

どれくらいしてるんですかね?

 

そんな研修でしたが、

今となっては何かあったときに

同期と話すのは研修のときです。

 

あの時はああだったね。

とかそんな思い出話がとても好きです。

 

綺麗な話になりますが、

ホント苦楽を共にするって

絆が深まるんだなと思いました。

 

終わるときには、

若干涙ぐみながら終わるのが寂しい

なんて話をしました。笑

 

それぐらい研修は学生時代とは違い

有意義でした。

 

学生の頃とは違い、

すごく積極的にコミュニケーションを

とりました。

 

そうじゃなきゃ

自分置いてかれますからね。笑

 

先も言いましたが、

同性がいなかったので

話し相手を作るのに必死でした。

 

とにかくどこからか情報を手に入れないと

っていうか思いがありました。

 

合宿生活だったので、

朝の体操が中止になるかどうか

知りたかったんです。笑

あとはテストの範囲とか。

 

おかげさまで、

まんべんなくいい感じに仲良くなれました。

 

私の場合は同性がいなかったっていうのも

大きいですね。

 

もしいたら、

その人と仲良くしなくちゃいけない。

 

とか

 

その人が自分じゃなくて

他の人と仲良くなったらどうしよう。

 

とかいろんな心配事が出ますからね。

 

結果的に、同性といるよりも、

素の自分でいることができました。

 

毒を吐いたり、わさび一気食いしたり、

眼鏡ブンブンしたり、下ネタ言ったり、

頑張りました。笑

 

まぁ、

きっとこれも1人という特権ですね。

 

何が言いたいかと言うと、

同期は本当に大切にして。

 

私は同期が本当に大好きです。

 

辞めたので一緒に飲み会やったり、

勉強したり、そういうのができないのが

本当に寂しいです。

 

初めの頃って

新しい環境だったりで

すごく忙しくって余裕がないと思います。

 

でも同期と過ごすその少しの時間って、

とてもかけがえのない時間なんです。

 

いい意味で、

まだ仕事というのに縛られていない

貴重な時間です。

 

そんな貴重な時間を、

ぜひ同期との思い出づくりの時間にしてほしい。

 

勉強したり、バカやったり、怒られたり、

何でもいいから。

 

全てに対して、

 

ああ。あのとき楽しかったなぁー。

 

って思えるような時間にしてください。

 

 

 同期最高。

絶対に学生時代は有意義に過ごした方がいい。悪い見本が私。

自分に向いている仕事ってなんだろう?

 

今私は転職をし、

事務として働いています。

 

正直、

事務の仕事は向いていると思っていました。

 

全然向いていませんでした。

 

やればやるほど、

なんで私が

と言う思いが強くなっていきます。

 

前職の方が向いていたんだなと

感じております。

 

そこで思うのが冒頭の

自分が向いている仕事とは?

です。

 

やりたい仕事と、

向いている仕事が必ずしもイコールとは

限らないんですね。

 

長く続けるためには、

向いている仕事を選ばないといけないんですね。

 

そう思った時に後悔するのが、

大学時代。

 

もっといろんな経験をすれば良かった。

 

1年生はともかく、

自由な時間が本当に多かった。

 

今となっては時間を捻出するのが

やっとだったり。

 

自由だなぁと思っている時に、

何かしとけば良かった。

 

私はバイトを個別塾の講師しかしてません。

 

他のバイトもしてたといえばしてましたが、

そこまで長続きしていません。

 

もともと働くということが

好きではなかったです。

 

お金を稼ぐ楽しさを感じたことは

一つもありませんでした。

 

よく今の仕事を辞めたいと言ったら、

 

嫌々やってる仕事でも、

お金がもらえてるだけいいでしょ。

 

とか、

 

お金をもらう為って割り切ったら?

 

とかアドバイスもらいますが、

全然アドバイスになってないです。

 

そもそもそう割り切れるほどの

お給料もらってないし。

 

あとは、

就活をもっと真面目に取り組んでおくべきだったかな。

 

私は指で数えられるほどしか

エントリーしていません。

 

もともと志望していた業種があったのと、

練習がてらに数社程度です。

 

ここ!と決めたらそれだけしか受けたくなくって、他の企業とかなんの魅力も感じないんですよね。

 

おかげさまで今困っていますが。

 

とりあえずインターンシップを行っておくべきだったなと思います。

 

インターンシップにも書類選考とか、

面接とかあって、

しかも受かる人数が少ないっていう、

いや、それ価値あるの?って思ってました。

 

価値あります。

絶対に行くべきです。

 

だってどんな企業なのか分かるんですもん。

 

行くべきです。

 

私は面倒がって行きませんでしたが、

行っていたら、

もっともっとしたい職業が見つかったのかなぁ

と思います。

 

これはおまけ話ですが、

インターンシップに参加していたら、

就活の時に少し優先してもらえたりもします。

また詳しく話しますが、実際にありました。

 

やってみたい職業っていうのは、

3つぐらいあればいいかなぁ。

 

ちゃんと全部経験してみるっていうのが大事だと思います。

 

私は何も経験してこなかったので、

転職するときに想像だけで職種を選んだら、

失敗しました。

 

学生の時に経験していたら、

転職の時違った選択をしたのかなぁと思います。

 

社会人になってからは、

インターンシップみたいな経験するときがないです。

 

入ってみてからのお楽しみというやつです。

 

だからどうか、

時間がある学生生活に、

全てを費やしてください。

 

今後そんなに時間があることはありません。

 

私と同じような思いをしませんように!

 

 

【2018年】映画名探偵コナン 歴代おすすめランキング とりあえずこれは見ろ!!

いよいよ

映画名探偵コナン

ゼロの執行人が4月13日に上映します。

 

映画名探偵コナン好きが、

独断と偏見でおすすめランキングを発表します。

 

今回の映画が初めて見る!

という人や、

すでに何度も見たことがある人も、

ぜひ見てみてください。

 

それでは行きましょう!

 

1位 天国へのカウントダウン

 

これは絶対に見てください!!!

おすすめです!!!

 

黒の組織がメインのお話ですし、

見ていて楽しいですし、

ハラハラドキドキ、興奮もします!

 

 コナンの映画って、

正直いらないなぁって思う登場人物がいるんですよね。

 

でも、この映画に関しては、

誰一人として欠けてはいけない、

全員が全員大切な役割を持っています。

 

やはりメインが黒の組織ということもあり、

事件性はやや薄れてしまいますが、

事件もお?これはどういう意味なんだ?

と思わず見ながら自分も推理しちゃういます。

 

あとは何といってもこの映画、

灰原さんの成長が見れます。

 

はじめは投げやりだった灰原さんですが、

最後は少年探偵団に感謝をするなど、

心を開いていってくれます。

特に歩美ちゃんに対しては、すごい心を開いているように見えます。

 

敢えて言うなら、

この映画は「らーーーーーーーん!!」的な展開はないので、

そういうのがタイプな方は残念かもしれません。

 

でも、それでも楽しいと思います!

おすすめです!

 

2位 迷宮の十字路(クロスロード)

 

こんなん好きな要素しか入ってませんやん。

っていう映画です。

 

京都!桜!初恋!大阪組!事件性!アクション!歴史!

 

盛りだくさんです。

 

作中に暗号が出てくるのですが、

見るたびにお洒落だなと思います。(笑)

(あの点の位置は匙加減次第じゃね?とは思いますが)

 

謎解き要素が強めです。

とっても楽しめます。

 

ほんと、「ザ・推理」という王道です。

 

この作品の主役は、コナンというよりは、

平次です。

ヒロインは和葉ですね。

 

「かずはーーーーー!!!」的な展開あります。(笑)

 

メインテーマ、構成、BGM、主題歌

すべてが美しいです。

全部マッチしています。

 

物語が動き出してから怒涛の最後。

終盤はイチオシです。

 

一部例外もありますが、

基本は全部実在するものがかりなので、

ぜひ聖地巡礼をしてください。

 

実際にモデルとなった場所を見ると感動しますよ。

 

そのあとに再度視聴することをおすすめします。

 

3位 ベイカー街(ストリート)の亡霊

 

人工頭脳、AIといったお話です。

 

上映された当時は、すごーーい!!みたいな感じでしたが、

今見ると考えさせられますね。

時代は進歩しています。

 

だから、当時にしてはすごく攻めた話だったんじゃないかと思います。

 

先に言います。

「らーーーーーん!!!!」的な展開あります。(笑)

 

珍しく、パパがでてきます。

パパがいい味出しています。

 

この映画は、「コナンの世界」という感じです。

イカー街やホームズ。

コナンの世界は、シャーロックホームズから来ているものが多いので、

コナンも見ている側もたまらんのではないでしょうか。

 

事件性はあまりないかとは思います。

犯人最初からわかってますし。

 

今までにないストーリーというのもありますし、

本当にメッセージ性の強い映画だと思います。

 

ぜひ視聴してください。

新しいぼっち!?社交的ぼっちとは?

風邪をひきました。

 

まるじむです。

 

社交的ぼっち

 

ってご存知ですか?

 

昨日ラジオを聴いているときに

出てきた言葉です。

 

社交的ぼっち???

 

みたいな感じですよね。笑

 

社交的なのにぼっちなの?

 

みたいな。笑

 

ぼっちという言葉は良く聞きますよね。

 

ぼっちはその名の通りひとりぼっちの

ぼっちです。

 

あんまりいい意味で使われてないです。

 

ぼっちって言われると、

コミュ障とか陰キャラとか、

そういうの思い浮かべませんか?

 

そこまでは言わなくても、

なんとなく周りと違って

浮いた存在の気がしますよね。

 

もちろん、

最初から1人の方が好きな人もいるので、

一概にぼっちとよんではいけないです。

 

そういう人は格好良く

ソロプレイヤーというのかな?笑

 

とりあえず、

ネガテイブイメージを持つ

ぼっちという言葉です。

 

では、社交的ぼっちとは?

 

大勢の前になると

話しができなくなることです。

 

1対1なら、

その名の通り社交的で、

会話もできるんですが。

大勢になった途端、

浮いちゃうんです。

 

うーん。

大勢になると話せなくなるのは、

とっても分かります。

 

会話に入るタイミングも分からないし、

入ってもシーンとなってしまったり、

難しい!

 

空気を上手に回すのは本当に難しいですね。

 

1対1も苦手ですけどね。

知らない人との。

 

うーん。

改めて社交的ぼっちという言葉を見ると、

 

社交的ならなおさら集団でも大丈夫なんじゃ?

って思います。

 

社交的ぼっち

 

っていう言葉がミスマッチ?

 

集団ぼっち?

 

集団ぼっちだと、

ぼっちの集団がいるみたいですね。笑

 

世の中にはいろんなぼっちがいるんだなぁ。

 

これからもいろんなぼっちが

出てくるんだろうなぁ。

 

大勢だと急に話さなくなる人がいたら、

その人は社交的ぼっちかもしれませんよ。

 

社交的ぼっちの辛さが書かれている漫画が、

検索するとあるので

是非そちらもご覧ください。

 

まるじむでした。

 

社交的ぼっちかぁ…。

モチベーションを維持する方法は?語ってみました

あー

仕事やめたーーーーい!!!

 

まるじむです。

 

叫んでみました。

 

行けば行くほど、

何で仕事って辞めたくなるんでしょうね?

 

そりゃあ、あたりまえか。

 

仕事してる時に限って、

ブログに対する意欲が高まります。笑

 

最近は珍しく予定が詰まってたので、

また今日から頑張ります。

 

ホントは予定があってもやるべきなんだろうけど

 

モチベーションを維持する為には?

 

モチベーションを維持するのって難しいですよね。

 

結果を出すために作業をしているわけで、

その結果ってなかなか出るもんじゃないんです。

 

だからこそ、

モチベーションを維持するのは難しいです。

 

私の場合だと、

冒頭でも言いましたが

仕事をしているときに限ってモチベーションが高いです。

 

こんな仕事絶対に辞めてやる!

 

って思ってるからです。

 

逆に時間がたくさんある休日に限って、

若干低めです。

 

仕事の時は、

休日にブログ触ってぇー、

あれしてぇー、これしてぇー

って思ってるんですけどね笑

 

ブログに限らず、

部屋の片付けとかもちなみにそうだったりします。

 

休みの日になると、

片付けしたくなくなります。笑

 

何にもしたくない病の発症です。

 

そんなときの

モチベーションの維持仕方ですが、

わたしの場合だと、

仕事をしているときにある程度

書く内容を書いちゃうということです。

 

もちろん、休み時間とかですよ笑

 

仕事をしているときが1番意欲があるので、

このときに進めます。

 

書き溜めは良くないとは聞きますが、

なによりも更新し続けるということが、

大事だと思うのです。

 

1回でも空いてしまうと、

取り戻すのが大変です。

 

今はブログのことでお話をしましたが、

他だとのだめカンタービレを見ると、

ピアノの練習をしたくなったり、

ガリレオを見ると、

勉強をしたくなりました。笑

 

自分のモチベーション、やる気を出す

きっかけとなるものを見つけることが

大切なんじゃないでしょうか。

 

のだめカンタービレを見てピアノの練習

とかのくだりは、

あるあるだと思います。笑

 

あとは、

それを評価してくれる存在があるかないか

ではないでしょうか。

 

ピアノだと先生が

アドバイスくれますよね。

 

楽譜に自分なりにこうした方が良いかなぁ?

と思ったことを記入していって、

先生にすごく褒められたのを今でも覚えています。

 

自分が頑張ったことを評価してもらえるのって

嬉しいですよね。

 

このブログも

誰か見てくれていると信じて書いています。笑

 

コメントつくと嬉しいので、
よければお願いしますね!笑
(さりげなくおねだり)

 

とにもかくにも、

続けるってことがモチベーションにも

繋がると思うのです。

 

どうしても1度疎かにしてしまうと、

もういっか!

みたいな感じになってしまいません?

 

続けて来たものを途中でやめるのって

簡単ですけど

もう一度やり直すのは難しいですよね。

 

ずっと続けて来て、

頭のどこかで

あぁ、アレやらないとなぁ

と思ってるときに、

ちゃんとできるかが大切です。

 

それもモチベーションに関わって来ます。

 

私も疎かにしていましたが、

再度奮闘します。

 

説得力ないですが笑、

頑張りましょう。